看護部について

看護部長メッセージ

看護ケアを通じて患者さんとご家族に「癒し」を届けられる看護師に

京都済生会病院の理念は「質の高い医療・思いやりのこころ・明るい職場 ~医療を通じて地域に貢献~」です。そのなかで、私たち看護部は「生命の尊厳と個々の人権を尊重し、より質の高い看護を創造し実践する」という理念のもと、地域のみなさんに先進的かつ最良の医療と看護を提供できるように努めてきました。

新病院では、さらに患者様の療養環境を重視して、個室を多く取り入れ採光を重視した部屋作りとしました。感染対策に関してはいたるところに工夫を凝らし予防に努める環境を提供できるようになっています。面会が十分にできない環境の中でWi-Fi環境を整備し、タブレット面会を病室で受けるようになっています。看護の役割を実践できるように最新の機器を導入して患者さんの安全を最優先に、情報が他職種と共用できる機器も取り入れ患者さん自身も活用できるようにしています。専門性の高い看護師を配置して皆様の治療や予防にかかわるスペシャリストナースもそれぞれの場所で活躍しています。

私たち看護師は、地域の皆様に貢献できるよう日々最新の知識、技術を習得できるよう努力していきます。

京都済生会病院 看護部長田中 五月

特徴

地域の人たちの笑顔を支えています

京都府乙訓地域でただひとつの公的総合病院、地域医療支援病院として、地域の方々の暮らしを支えています。地域の患者さんのニーズに応える医療と看護を提供するため、地域医師会との協力により開放型病床を設け、かかりつけ医(開業医)に通院中の患者さんが入院・検査を必要とする場合は優先的に入院でき、当院主治医とかかりつけ医が共同して治療を進めるシステムを導入しています。

患者さんが安心して療養できる看護を実践しています

患者さん中心の看護を提供するために、「データや根拠に基づいた看護(EBN)」と「患者さんとの対話に基づいた看護(NBN)」を実践。入院から退院までの看護をチームで行う「固定チーム継続受け持ち制」を採用し、患者さんとともに看護計画を考える「インフォームド・コンセント」を実施しています。また、パートナーシップ・ナーシング・システムにより、看護師の経験によって提供される看護に差ができないよう安心して療養できる環境をつくっています。

看護師としての夢を実現できる教育制度があります

新人看護師一人ひとりに技術的な指導をするプリセプターと、メンタル面のフォローをするサポーターの二人の先輩看護師を配置し、手厚く育成しています。また、クリニカルラダー形式によるキャリアアップによって、臨床での看護を支えるジェネラリスト、特定の専門領域におけるスペシャリストも目指せます。バックアップ体制の整った当院なら、あなたの夢もきっと実現できるはずです。

看護部理念・方針

すべての人を笑顔にする理由があります

開院以来、私たちが目指しているのは「多くの人の笑顔あふれる健康的な暮らしのサポート」です。
地域の方々、患者さん、そして一人ひとりの看護師。京都済生会病院には、あなたや多くの人を笑顔にする理由があります。

看護部理念

私たちは、一人ひとりの尊厳を大切にし、より質の高い看護を創造し実践します

看護師としての夢を実現できる教育制度があります

  • 患者の人生や生活に目を向けて看護します
  • 看護のインフォームド・コンセントを大切にします
  • 地域の中核病院として、質の高い急性期看護を提供します
  • 地域との連携を推進し、チームの中での看護の専門職としての役割を果たします
  • 良い看護をしたいという志を持って、自己研鑽します
  • 健全経営に参画し、経営の安定に貢献します
  • 多様性を尊重し、充実した生活と専門職業人としての志を実現できる職場環境をつくります
私たちは

温かい笑顔で接します
わかりやすく説明します
丁寧な看護を行います

患者さんに

互いに敬意をはらい、
協力して医療を行います
常に知識と技術の向上に努めます

田中 五月

看護部長田中 五月

京都済生会病院の理念は「質の高い医療・思いやりのこころ・明るい職場 ~医療を通じて地域に貢献~」です。そのなかで、私たち看護部は「生命の尊厳と個々の人権を尊重し、より質の高い看護を創造し実践する」という理念のもと、地域のみなさんに先進的かつ最良の医療と看護を提供できるように努めてきました。私は、2019年7月1日より看護部長を拝命しました。これまでの看護経験や看護部長としての経験を生かし、この歴史ある京都済生会病院の発展に貢献できればと考えています。当院の未来にむけて取り組む課題は山積し、看護部も変革の時を迎えています。パワフルで前向きに楽しく仕事ができる看護部になれるよう「愛・熱・和」の信念で取り組んでまいります。

大槻 はるみ

業務・総務担当副看護部長大槻 はるみ

看護師が専門的な業務に専念できるように、他部門との連携による看護業務の改善を図り、専門職として働きがいのある職場づくりに努めています。そして、安全で質の高い看護を提供するために、看護職自らが安全で健康に働き続けられ、専門職業人としての志を実現できる職場環境を目指しています。

堀川 恵都子

教育担当副看護部長堀川 恵都子

看護部の教育体制は、済生会看護教育理念を基本とした「済生会クリニカルラダー」教育を活用し実践しています。また。教育目的である看護専門職の成長段階に応じた継続教育支援、キャリアアップ支援を行い、急性期医療に対応した看護実践ができる看護師の育成に努めています。新人教育においてもローテーション研修を導入し、より多くの部署を体験してもらっています。新人看護師はローテーション研修を通して、各科の特殊性や特徴を理解しこれから進むべき方向性を見出し、自己実現に向けて成長していけるように先輩看護師は応援しています。

長濵 正美

外来統括副看護部長長濵 正美

外来統括副看護部長として、外来・入退院センター・透析センターの各看護課長の業務サポート、チーム医療・多職種連携・地域連携に関する看護業務に携わり、当院の理念を具現化する活動に従事しています。
2022年1月から健診センター看護課長も兼務し、地域の皆さまの健康を保つための活動にも力を入れています。
地域の皆さまに当院で治療・健診を受けてよかったと思っていただけるよう日々取り組んでいます。

ページ
先頭へ