産婦人科・周産期センター

外来診療担当表

出産から老齢まで、女性の一生に向き合って

産婦人科は女性特有の疾患に取り組んでいます。女性ホルモンによる様々な状態、月経に関する問題、不妊症や妊娠・出産に関する問題、子宮・卵巣・卵管での良性・悪性腫瘍、感染症、さらには更年期における諸症状、老年期における臓器脱の問題などです。
これら疾患に対して、内科的・外科的(手術的)対応を行い、より良い生活を送っていただけるよう努めています。

診療内容・特色

胎児超音波スクリーニング外来(第2・4木曜午後)

赤ちゃんの異常が超音波でわかるわけではありませんが、生まれてすぐに治療が必要な病気がわかる場合があります。このため2022年7月から、京都府立医科大学周産期科の専門医師により、超音波で赤ちゃんの詳しい検査を行う外来を設けました。妊娠28週前後が受診の目安ですが、他の週数で行うこともあります。

超音波検査

胎児4D超音波外来(第1・3・5木曜午後)

超音波で赤ちゃんを立体的に観察する外来です。通常の超音波よりも、よりリアルにかわいく見えることがあるため好評です。24~30週頃までが観察しやすくなっていますが、条件により見えない場合もあります。

女性ヘルスケア外来(月曜・水曜午後)

思春期から更年期、老年期までのさまざまな症状に対応する日本女性医学会認定専門医による外来です。漢方医療も積極的に行っています。

詳しくはこちら

子宮がん検診・子宮頸がんワクチン外来(金曜午後)

普段の外来と別の時間帯でほぼ待ち時間なく、子宮がん検診を受けていただけます。

詳しくはこちら

良性婦人科疾患に対する低侵襲手術

患者様に対しできるだけ負担の少ない腹腔鏡、子宮鏡、膣式の手術を行っています。

詳しくはこちら

骨盤臓器脱に対する診療

女性の骨盤内にある膀胱、子宮、直腸が出産や長年の労働などにより下がってくる状態を骨盤臓器脱と言います。患者様によって治療もさまざまであるため、当院ではこの疾患に対する治療を地域的に患者様が多いこともあり長年、力をいれて診療をおこなってきました。

詳しくはこちら

周産期カンファレンス

産婦人科・小児科・病棟スタッフを含めた合同カンファレンスを定期的に開催して、チーム医療が必要な症例の検討をおこなっています。

周産期カンファレンス

主な手術症例数
腹腔鏡手術・子宮鏡下手術 2021 2020 2019 2018
子宮全摘手術 17 19 23 19
卵巣腫瘍手術 13 24 24 29
筋腫核出手術 6 4 4 3
子宮外妊娠手術 2 2 7 1
子宮鏡下手術(筋腫核出含ます) 7 16 25 15
総数 45 65 83 67
開腹手術 2021 2020 2019 2018
子宮全摘出手術 12 6 5 11
卵巣腫瘍手術 5 10 6 11
筋腫核出手術 3 1 1 3
総数 20 17 12 25
骨盤臓器脱手術(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤) 2021 2020 2019 2018
子宮全摘+膣形成 9 10 1 6
メッシュ挿入術 8 4 18 14
尿失禁手術 3 1 0 0
総数 20 15 19 20
悪性腫瘍手術 2021 2020 2019 2018
子宮頸がん 1 3* 1 3
子宮体がん 4 2 6 2
卵巣がん・卵管がん・腹膜がん 5 5 6 3
総数 10 10 13 8

*3例中2例は上皮内がん

京済ピックアップ

月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)

月経が始まる3日~10日から、イライラ、のぼせ、下腹が張る、下腹痛、腰痛、頭が重い、頭痛、乳房の痛み、おこりっぽくなる。落ち着かない、ゆううつになるなどの症状がでてきて日常生活に支障をきたし、月経が開...

詳しくはこちら
尿漏れ(尿失禁)

産婦人科顧問 加藤淑子

立て続けに咳が出る、大きなくしゃみをしたときにピッっとおしっこが漏れてしまうことがありませんか? ひどくなると笑っても、縄跳びのような上下運動や、立ち上がった時にも漏れてしまい、いつも尿漏れパットや尿...

詳しくはこちら
子宮頸がんとHPVワクチン

産婦人科顧問 加藤淑子

突然ですが、子宮頸がんで亡くなる人が増えています!2018年に子宮頸がんと診断された人は10,978人、2020年に子宮頸がんで亡くなった人は2,887人で、最近は増加傾向になっています。人口10万人...

詳しくはこちら

スタッフ紹介

部長清水 美代きよみず みよ

出身大学

京都府立医科大学(1997年卒)

担当・専門分野

産婦人科一般・内視鏡手術・ヘルスケア

資格・当院兼職

日本産科婦人科学会認定産科婦人科専門医・指導医

日本産科婦人科内視鏡学会認定腹腔鏡技術認定医

日本女性医学学会認定専門医

母体保護法指定医師

周産期センター長福岡 正晃ふくおか まさあき

出身大学

京都府立医科大学(1985年卒)

担当・専門分野

産婦人科一般・周産期・産科

資格・当院兼職

日本産婦人科学会認定産科婦人科専門医・指導医

日本専門医機構産婦人科専門医

日本周産期・新生児学会指導医

京都府立医科大学臨床教授

京都府立医科大学客員講師

母体保護法指定医

日本赤十字社近畿さい帯血バンク採取施設選定委員

医長渡邊 愛わたなべ あい

出身大学

富山医科薬科大学(1998年卒)

担当・専門分野

産婦人科一般

資格・当院兼職

日本産科婦人科学会認定産科婦人科専門医

日本臨床細胞学会認定細胞診専門医

母体保護法指定医師

医員岡村 綾香おかむら あやか

出身大学

京都府立医科大学(2017年卒)

担当・専門分野

産婦人科一般

医員西 茜にし あかね

出身大学

京都府立医科大学(2018年卒)

担当・専門分野

産婦人科一般

産婦人科顧問加藤 淑子かとう よしこ

出身大学

京都府立医科大学(1977年卒)

担当・専門分野

産婦人科一般・ヘルスケア・腫瘍

資格・当院兼職

日本産科婦人科学会認定産科婦人科指導医・専門医

日本女性医学学会認定専門医

母体保護法指定医師

インフェクションコントロールドクター(ICD)

当院での出産

ページ
先頭へ