臨床工学科

臨床工学技士(ME)は医療機器の専門医療職です。医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持管理装置の操作などを担当しています。 また、医療機器がいつでも安心して使用できるように保守点検を行っており、安全な医療の提供に貢献しています。

主な業務内容

心臓カテーテル室業務

チーム医療として、医師と連携し清潔操作介助業務に携わっています。生命維持管理装置であるIABP(大動脈内バルーンパンピング)、PCPS(経皮的心肺補助装置)、体外式一時ペースメーカーなどの操作を行っています。 また、ポリグラフを用いた心電図や圧等の生体情報のモニタリングや、IVUS(血管内超音波装置)の操作も行っています。

不整脈治療業務

不整脈治療に使用するペースメーカー埋め込み時において、操作・設定を行います。埋め込み後の定期的なチェックをペースメーカー外来において医師と共に行い、患者さんにとって最適な設定を行っています。 また、不整脈の根治治療を目的としたアブレーション業務にも携わっています。

血液浄化業務

透析室での慢性血液透析を中心として、血漿交換や持続血液浄化などの多岐に渡る急性血液浄化療法に対応しています。 また定期的に機器のメンテナンスを行い安全・安心な血液浄化業務に取り組んでいます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連業務

睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対してPSG検査・解析を行っています。また、その後の在宅で使用するCPAP装置の指導・説明や業者への連絡、外来来院時に医師と連携しデータの解析、説明などを行っています。

手術室業務

自己血回収装置や脳神経外科手術における術中モニター等の操作を行っています。

機器点検業務

輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器などの医療機器を中央管理し、PC(アルカディア社製CEIA)にて管理を行っています。その他、除細動器、閉鎖式保育器、モニター等病院で使用される医療機器の点検を行っています。また人工呼吸器においては病棟ラウンドを毎日行い、安全かつ正確に使用されているかを点検しています。

その他業務

365日オンコール体制をとっており急性心筋梗塞等の夜間、休日の医療に対応できるようにしています。
また、当院は災害拠点病院であり、臨床工学技士もDMAT隊員(業務調節員)として参加しています。

DMATとは

ページ
先頭へ