脳神経外科

外来診療担当表
診療内容・特色

脳神経外科診療の対象は、国民病とも言える脳卒中(脳血管性障害)や脳神経外傷などの救急疾患、脳腫瘍に加え、てんかん・三叉神経痛・顔面けいれん等の機能的疾患、小児疾患、脊髄・脊椎・末梢神経疾患など多岐に渡ります。脳神経外科専門医の使命は、これら疾患へ予防や診断、救急治療、手術および非手術的治療、あるいはリハビリテーションにおいて、総合的かつ専門的知識と診療技術を持ち、必要に応じて他の専門医への転送判断も的確に行うことで、国民の健康・福祉の増進に貢献することです。
一人一人の患者さんに時間かけて対応するため、時にご迷惑をおかけすることがあると思いますが、できる限り迅速で丁寧に対応することを心がけています。また、リハビリテーションスタッフとも定期的にカンファレンスを持ちながら、外科治療に固執せず、内科的治療や理学療法なども取り入れて、患者さんの病態に応じた治療を多角的に検討いたします。気になる症状があれば、気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

部長宮本 淳一みやもと じゅんいち

出身大学

山口大学医学部(1998年卒)

担当・専門分野

脳神経外科一般

資格・当院兼職

日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

身体障害者福祉法指定医

医長山本 紘之やまもと ひろゆき

出身大学

京都府立医科大学(2012年卒)

担当・専門分野

脳神経外科一般

資格・当院兼職

日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

日本脳神経血管内治療学会認定専門医

ページ
先頭へ