先輩紹介

新人看護師メッセージ

私たちが京都済生会病院を選んだ理由

【氏名:Y・H 所属:4A 外科 入職:2018年】

京都済生会病院を選んだ理由は?
当院を選んだ理由は、地域医療を担う病院で、地域医療支援病院、京都府災害拠点病院に指定されている病院あるため、誇りを持って仕事ができると思ったからです。そして、診療科が多岐にわたる総合病院なので、様々な分野を勉強することができると思いました。手厚い教育制度も大変心強く、魅力的だと思いました。
病院選びで重視したことは?
看護師としての基礎を身に付けるうえで、様々な診療科が揃っている病院をと考えていました。いろいろな症例の患者さんに出会い、幅広い知識や技術を身に付け、実践力・応用力を高めたかったので、教育制度は重要だと思いました。人間関係については、就職してみないと分からないので、あまり考えないようにしていました。
1年目で経験した楽しかったこと・苦労したこと・やりがいを感じたことは?
配属されてすぐは、学生の頃とは違った責任感に重圧を感じ、多く落ち込むことも多くありました。しかし、それ以上に看護師として働ける喜びや、患者さんに良い看護ができたと実感できた時には、大きなやりがいを感じます。患者さんから頂く「ありがとう」が活力となり、自信にもつながっているように感じます。
新人教育・新人研修の良かったところは?
新人研修では、病棟を超えて1年目同士が集まるので、皆頑張っていて自分一人ではないと実感できる場でもありました。特にフォローアップ研修では、日々の悩みや業務のなかで難しいと感じている事を互いに打ち明け、共感やアドバイスを得られる過程で励まされたり、新たな視点で物事を考えることができるきっかけとなりました。

【氏名:A・K 所属:4B 整形外科 入職:2018年】

京都済生会病院を選んだ理由は?
インターンシップに参加し、病棟の職員の方が患者さんに笑顔で関わり、気持ちに寄り添った看護をしているのを見て、私もここの職員の一員として働きたいと思いました。また、教育体制もしっかりしているため、看護師・社会人として多くを学び成長していけると感じ、この病院を選びました。
病院選びで重視したことは?
教育体制と院内の雰囲気や職員の対応など。
1年目で経験した楽しかったこと・苦労したこと・やりがいを感じたことは?
急性期病院で、さまざまな疾患の方が入院されるため、疾患の理解や処置の方法、業務内容を同時に覚えていくのが大変でした。しかし、プリセプターをはじめ先輩方が一つひとつ丁寧に教えて下さり、出来ていることはしっかり認めて下さるため、自身をつけながら、やりがいを感じ仕事を行うことができています。
新人教育・新人研修の良かったところは?
プリセプター・サポーターの先輩が、技術の指導の他にもわからない事や悩み、不安などを親身になって聞いて下さり、技術面だけでなく精神的な面でも支えられていると感じます。信頼できる存在、目標となる先輩が出来ました。新人研修は毎月あり、その時期にあった内容なので、知識がしっかり身につきます。

【氏名:M・N 所属:5A 循環器内科 入職:2018年】

京都済生会病院を選んだ理由は?
通っていた看護学校の先生が勧めて下さいました。また当院で実習をしていた時に、スタッフ同士の声掛けが多く、働きやすそうな病院だと感じました。
病院選びで重視したことは?
病院や職員の雰囲気が良いこと。また、実家を出たいと思っていたので、寮があることも重視しました。
1年目で経験した楽しかったこと・苦労したこと・やりがいを感じたことは?
患者さんが元気になって退院していかれる姿や、「ありがとう」と言われた時に、やりがいを感じます。急性期病棟で、日々のケアや患者さんの状態把握、急な病状の変化に対応することもあり、難しいと感じることもあります。そんな時も患者さんからの温かい一言で元気になります。
新人教育・新人研修の良かったところは?
就職した時は、経験も出来る技術も少なく、不安でいっぱいでした。新人研修では、1年間で様々なテーマの研修があり、分からなかったことが明確になりました。また、日々の業務中では、先輩に指導してもらいながら実践し、学ぶ機会を多く作ってもらいました。

【氏名:T・M 所属:4A 外科 入職:2018年】

京都済生会病院を選んだ理由は?
病院見学会に参加した時の印象が、病院全体の「アットホーム感」でした。当院の理念には、「明るい職場」があります。スタッフの患者さんへの接し方や病院全体の雰囲気など、とても温かく、そして理念通りの明るい職場でした。その印象が私の中では何よりの決め手となりました。
病院選びで重視したことは?
病院選びで重視したことは、働きやすさです。当院では、プリセプター制度や段階的な教育プログラムがあります。不安も多く日々学習しスキルアップしなければならない新人には最適な制度であり、学習しながら働きやすい環境だと思いました。休日が充実していることも、仕事と生活を両立させるうえで重視しました。
寮生活の良いところは?
当院の寮はワンルームマンションで、歩いて通勤できる所にあります。私は他府県から就職し、友人もいない状況での新社会人生活が正直不安でしたが、そんな不安は直ぐになくなりました。同じ病棟の同期は全員が寮生活なので、仕事終わりや休みの日に何気なく一緒に過ごしたりします。皆で一緒に勉強をしたり、食事をしたり、時には悩みや愚痴を聞いてもらったりと、お互いに支え合えるところが、寮生活の良いところだと思います。
遠方からの就職を考えている学生さんへ
他府県からの就職はたくさん不安があり、決断しづらいところもあるかと思います。私も他府県への就職に長く悩み続けました。しかし一歩踏み出してみると、楽しいことやつらいこと、それぞれたくさんありますが、私は充実した毎日を送れています。寮の周辺の環境や立地も良いので、仕事をしながら充実した生活を送れるのでおススメです。

先輩看護師メッセージ

京都済生会病院はこんな職場です!

【氏名:S・N 所属:5A 循環器内科 入職:2011年】

京都済生会病院を志望した決め手は?
私は京都済生会病院がある地域で生まれ育ち、当院に受診したことも数回ありました。その頃から、地域を代表する病院だな、という思いがありました。看護師となり、この生まれ育った地域の中核病院で微力ながら役に立ちたいとの思いで志望しました。また、サポーターナース・プリセプターナース制度といった屋根瓦方式の教育制度が充実している点にも魅力を感じました。
京都済生会病院 看護部の良いところは?
病院見学会の時にアットホームな感じであるなと感じていましたが、実際先輩看護師が1から親身になって接して頂いたと感じています。時には厳しい指摘もあり、落ち込むこともありましたが、今から思えば自分の事を思って指摘してもらえたのかな、と感じています。
経験を積んで成長できたこと、ターニングポイントになったエピソードは?
心不全の患者さんへ退院後の生活について話していた時に、「ありがとうございます。頑張ります。」と、うっすら涙を浮かべておられたのが印象的で、こんな自分の関わりでも、頑張ろうと思えるきっかけを与えられたのではないかと思い、嬉しかったです。
今感じる、看護師としてのやりがいは?
「ありがとう」と言って頂けることや、元気になられる姿を見た時は、すごくやりがいを感じます。また、何度か入院される患者さんに顔を覚えてもらっている時や、頼りにして頂いた時なども嬉しく感じます。

【氏名:C・S 所属:手術室 入職:1999年】

京都済生会病院を志望した決め手は?
当時通っていた看護学校の先生のおすすめです。また高槻に住んでいたので、家から通えるというのも魅力的でした。入職時の面接試験では、院長・看護部長とも、とても穏やかな人柄を感じ、このような人たちと一緒に働きたいなと思ったのが決め手です。
京都済生会病院 看護部の良いところは?
看護部と聞くととてもこわいイメージがありますが、当院の看護部は私たちスタッフとの距離も近く親しみやすいです。お話もしやすいです。出産で産休に入る時も、産後復帰する時も色々話しをして安心したのを覚えています。
経験を積んで成長できたこと、ターニングポイントになったエピソードは?
新人の頃は医師から言われた器械を出すのに必死でした。わからないことだらけで、自分の不甲斐なさに涙を流す日もありました。毎日一生懸命勉強して少しずつ仕事ができるようになり、いつしかたくさんの後輩も入ってきて難しい手術に積極的に入れるようになりました。今までたくさんのターニングポイントがあったと思いますが、多すぎて思い出せないくらいです。ただ新人の頃からたくさんに頑張ってきたことが確実に今につながっています。勉強してきたこと、経験してきたことはどれも全て看護師としての成長につながっています。
今感じる、看護師としてのやりがいは?
手術室の仕事の1つ1つが全て患者さんへの安全とつながります。その一つの歯車に関わり合うことができているのが今の私のやりがいです。看護師だけで手術をすることはできませんが、医師だけで手術をすることもできません。それぞれが協力し「手術の成功」という共通の目標に向かって責任ある仕事をして、はじめて達成できます。それは手術室特有の達成感だと思います。それを日々感じることができ、やりがいにつながっています。

【氏名:M・K 所属:3B 産婦人科 入職:2012年】

京都済生会病院を志望した決め手は?
病院見学会に参加し先輩のお話を聞いて決めました。アットホームな雰囲気で安心しました。
京都済生会病院 看護部の良いところは?
病棟ではスタッフ全員が協力し助け合いをしています。PNSで日勤の相談相手がいて心強いです。
経験を積んで成長できたこと、ターニングポイントになったエピソードは?
今年で5年目になります。1年目の後半に緊急帝王切開の場面を経験し、先輩方に支えていただいた経験が大きいです。日々の勉強や訓練の重要性を痛感しました。
今感じる、看護師としてのやりがいは?
お産をされた産婦さんとベビーちゃんが元気に退院される姿を見るとやりがいを感じます。

セクションを超えて活躍する看護師の紹介

岡本 教子

感染管理特定認定看護師(特定行為研修修了者)岡本 教子

2009年に感染管理認定看護師の資格を取得し、「患者さんやご家族、病院で働く職員を感染から守ること」を目標に組織横断的に活動しています。2年以上に及ぶCOVID-19対策では、感染対策は病院が一丸となって取り組むことの重要性を再認識し、多職種が協同できるようコミュニケーションを大切にしています。
2021年に特定行為研修「感染に係る薬剤投与関連」を修了しました。抗菌薬適正使用支援チーム(AST)としての活動に貢献し、耐性菌を減少させることを目指しています。

久保 真実子

感染管理認定看護師久保 真実子

2018年に感染管理認定看護師の資格を取得し、現在は病棟との業務を兼任しています。病棟では兼任という特性を生かし、感染対策に特化したモデルナース、リンクナースの育成、手術部位感染の減少に向けたサーベイランスを実施しています。専従看護師と連携を図りながら感染症から患者さんを守るため、組織の底上げを目指して頑張っています。

高野 京子

皮膚・排泄ケア認定看護師(特定行為研修修了者)髙野 京子

2009年に皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得しました。皮膚・排泄ケア認定看護師は創傷・失禁・ストーマケアを専門分野としています。創傷は床ずれや術後感染創のケア、時にがんの自壊創のケアに当たります。ストーマケアは、がんの告知と障害告知を受けた患者さんと生涯に渡り、QOLを高めるために、共に生活の工夫を考えます。週に1回の褥瘡回診、スキンケア外来など院内の活動と在宅の患者さんのところへ伺い退院後の生活について訪問看護師の方に同行することもあります。
また、特定行為研修に参加する機会を病院からいただき2021年3月、栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連、創傷管理関連、瘻孔管理関連、創部ドレーン管理関連の行為を修了いたしました。医師と協働しながら難治性の創を治癒させるための治療に参加し、PEGや膀胱瘻カテーテルの交換など院内でケアと治療のつなぎ目をスムーズに行なう役割を担っています。
これからも必要とされる患者さんに、外来から入院中、退院後の在宅に向けて充実した継続ケアを実施していきます。

土本 久美子

摂食・嚥下障害看護認定看護師土本 久美子

2018年に摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得しました。摂食嚥下障害患者さんに、安全で楽しい「食」を支援していくために、多職種との連携も大切にしながら活動しています。「食べる」ことを諦めない看護を目指し、先ずは「食べられる口つくり」のための口腔ケア、誤嚥性肺炎の予防に取組んでいます。また、嚥下看護外来を第1・3・5水曜日に実施し、地域で暮らす摂食嚥下障害を持つ方の『口から食べる』を支援しています。

空閑 みゆき

退院支援看護師空閑 みゆき

「一人でも多く患者さんの希望する人生につなぎたい」という思いで、組織横断的に退院に向けての支援を行っています。訪問看護ステーションや在宅医療サービスなど地域と連携し、今後どのように生活していきたいかまでを患者さんやご家族と一緒に考えていきます。そのためには多職種スタッフとの協働も欠かせません。

志賀 京子

退院支援看護師志賀 京子

「その人らしい暮らし」を目標に、患者さんとご家族の思いに耳を傾けることを大切にしています。悩んでおられることや、どのように暮らしていきたいかを知り、退院後の療養について他職種と一緒に考え、安全で、そして安心して退院できるよう在宅サービスとの連携・調整を行っています。

長谷川 久美子

医療安全管理者長谷川 久美子

2019年3月から医療安全管理者の辞令を受けました。 医療安全活動は、患者さんと職員を守るために組織で取り組む業務改善が基本となります。院内報告制度を基盤に分析を行ない、多職種の皆さんのご意見やご協力を頂きながら対策の立案・推進をしています。職員が働きやすく、患者さんに安全・安心な医療が提供できる組織作りを目指し活動していきたいと思っています。

中曽根 朱美

認知症看護認定看護師中曽根 朱美

2020年に認知症看護認定看護師の資格を取得しました。"その人らしさ"を尊重した看護を基本に認知症の方が安全で安心できる治療環境の提供に取り組んでいます。
認知症になると苦手なことが増えますが、少しのサポートがあればできることがたくさんあります。その方の「持てる力」に着目した看護ケアの提供や看護師の存在が安心感につながるケアの提供を実践しています。
認知症ケア・せん妄対策チームのメンバーと共に患者さんにも看護師にも寄り添える活動を目指しています。

井上 智恵

慢性疾患看護専門看護師井上 智恵

慢性的に経過する病気を持つ患者さんとご家族に支援をしています。そのなかでも特に高血圧と慢性腎臓病の患者さんとご家族の方が、病気とともに生きていけるように関わっています。
慢性腎臓病の初期は自覚症状が現れにくく、症状が現れた時には透析が必要な時期になっていることがあります。症状が現れていない時期から、教育入院や腎臓病看護外来を通して、腎機能を維持するための療養生活を継続して送れるように、医師・薬剤師・管理栄養士と連携を図ってサポートしています。また、腎機能が低下し、腎代替療法が必要になった時には治療法を患者さんが自己決定できるように支援しています。

山本 正彦

がん看護専門看護師山本 正彦

患者さんとご家族が、その人らしく生きる生活を支える
がん患者さんは、がんと診断を受けた時から、あるいは診断がつく検査の段階から不安や様々なつらさを体験されます。がん患者さんやそのご家族が、そのような体験のなかでも、自分らしさを失わず、病気と向き合い、前向きに治療を選択して、日常生活を送れるように意思決定していくことを支援するのが、私の役割です。思いに寄り添いながら、その人らしさを大切に共に考え、伴走することを心掛けています。また、質の高い医療や看護が提供できるように、他の医療スタッフとの協働や教育的な関わり、院内のシステムを調整する役割も担っています。

先輩看護師の出身校

看護学校
  • 宝塚大学看護学部
  • 京都看護大学看護学部看護学科
  • 太成学院大学看護学部看護学科
  • 聖泉大学看護学部看護学科
  • 京都光華女子大学健康科学部看護学科
  • 大阪医科大学看護学部看護学科
  • 藍野大学医療保健学部看護学科
  • 甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科
  • 京都大学医学部人間健康科学科看護学専攻
  • 梅花女子大学看護学部看護学科
  • 関西看護医療大学看護学部
専門学校
  • 京都府医師会看護専門学校看護学科
  • 京都中央看護保健大学校看護保健学科
  • 公立南丹看護専門学校
  • 京都府立看護学校
  • 福井市医師会看護専門学校
  • 大阪保健福祉専門学校
  • 神戸常磐大学保健科学部看護学科
  • 静岡済生会看護専門学校
  • 関西看護専門学校
  • 名張市立看護専門学校
  • 京都中央看護保健学校
  • 国際メディカル専門学校看護学科
  • 八女筑後看護専門学校
進学コース
  • 京都府医師会看護専門学校看護専門課程看護学科2年課程
5年一貫教育
  • 京都聖カタリナ高等学校看護専攻科
  • 山口県鴻城高等学校衛生看護専攻科
  • 聖ヨゼフ学園日星高校看護学科5年課程専攻
  • 私立柳ヶ浦高等学校看護学科
助産学校
  • 京都府医師会看護専門学校助産学科
  • 近畿大学附属看護専門学校助産学科
  • 国立病院機構京都医療センター附属京都看護助産学校助産師科

ページ
先頭へ