感染防止対策

1.院内感染対策に関する基本的考え方

当院は患者本位の医療を基本理念とした良質で安全・適切な医療を提供している。
全ての職員が感染防止に留意し、標準予防策を日常的に実践し、院内感染等発生の際にはその原因の速やかな特定、制圧、終息を図ることが重要である。院内感染防止対策を全ての職員が把握し、指針に則った適切な医療の提供ができるよう、本指針を策定する。

2.院内感染対策のための委員会

院内感染防止対策の推進のために院内感染防止対策委員会、ICT(感染対策チーム)、AST(抗菌薬適正使用推進チーム)、看護部感染防止対策委員会を設置する。

  • 院内感染防止対策委員会は、次に掲げる部門の委員をもって組織する。
    院長、医局、看護部、薬剤科、栄養科、検査科、リハビリ科、事務部
  • 院内感染防止対策委員会は、原則として月1回開催する。委員会には、必要に応じて臨時委員会を置くことが出来る。
  • 院内感染防止対策委員会は、次の内容について協議し、院内感染対策を推進する。
    1. 院内感染対策指針及び院内感染マニュアルを作成し、見直す。
    2. 院内感染対策に関する資料を収集し、職員へ周知する。
    3. 職員研修を企画する。
    4. 異常な感染症が発生した場合は、速やかに発生原因を究明して対策を立案し、対策を実行すべく全職員に周知徹底を図る。
    5. 必要に応じて患者への情報伝達を行い、患者の疑問、不安に答えると同時に、患者・家族の感染防止に対する協力を得る。
  • ICT(感染対策チーム)
    1. ICTメンバーは医師(ICD)、看護師(ICN)、薬剤師、検査技師、事務から構成される。
      病院感染対策全般に関する事項の具体的な提案、実行、評価などを行う。
      ICTは1週間に1回ラウンドをする。
    2. 検査科において各病棟の微生物学的検査の状況を記した「感染症情報レポート」を週1回作成し報告する。
  • AST(抗菌薬適正使用推進チーム)
    1. ASTメンバーは医師(ICD)、看護師(ICN)、薬剤師、検査技師、事務から構成される。
      抗菌薬の適正な使用の具体的な提案、評価などを行う。ASTは1週間に1回ラウンドをする。

3.院内感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針

  • 全職員を対象に年2回研修会を開催する。また必要に応じて臨時開催する。
  • 新入職員を対象に研修会を行う。
  • 研修会の実施内容(開催日時、出席者、研修内容など)について記録する。
  • 研修会に参加できなかった職員のために資料や研修を録画したDVDを保存し、より多くの職員が最新の知見が得られるような環境を整える。

4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

  • 院内感染が疑われる事例が発生した場合は、院内感染防止対策マニュアルに従って、直ちに主治医、病棟課長、院長、感染制御部長、看護部長に報告する。
  • 検査科に提出された臨床材料から検出された微生物の同定、分離頻度、薬剤感受性成績の報告を定期的に行う。危険な菌種が同定された場合は、迅速に全病院的に警告をだす。

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

  • 発生時は、臨時に感染防止委員会を開催し速やかに原因を究明し、改善策を立案・実践する。また、対策を実施するために全職員への周知徹底を図る。
  • 報告が義務付けられている感染症が特定された時は、速やかに保健所へ報告する。

6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

本指針は、当院ホームページに掲載して患者又は家族が閲覧できるようにする。
患者・家族等へ疾病の説明とともに、理解を得た上で感染対策に協力を求める。

7.その他、院内感染対策推進のための必要な基本方針

  • 職員は院内感染防止対策マニュアルに沿って、手指衛生の徹底、マスク着用の励行など常に標準予防策の遵守に勤める。
  • 職員は自らが院内感染源とならないよう、定期健康診断を受診して日常の健康管理に留意する。
  • 患者及び見舞い客等の外来者の協力が不可欠であり、職員以外への院内感染対策の啓発活動を積極的に行う。
  • 感染対策に関する地域医療機関との連携強化に努める。

附 則

この規程は、令和3年4月1日から施行する。

ページ
先頭へ